HOME>トピックス>正しく解体を実施して利用できる部品は再利用に回そう

目次

廃棄ではなく解体して再利用

船舶解体は廃棄しやすいように分解するだけのものというイメージを持っている方も多くいます。しかし廃棄処分のために実施されるものではありません。実際に船舶解体をすると、廃棄する部分もあれば再利用できる部分も出てきます。廃棄するためのものではなく、再利用できる部分を活かすために解体が実施されるという点を押さえておきましょう。再利用できる部分も多くあるため、正しく船舶解体を実施することで多くの部品が生まれる変わるチャンスがあります。使わなくなった船舶の最後というだけではなく、次へのステップにもつながります。

解体は専門業者に依頼すること

船舶解体で大切な点の1つが、専門業者に依頼するという点です。専門業者でなければ、使える部品と廃棄する部分をわけるのが難しくなります。専門の技術と知識、そして設備が船舶解体のためには欠かせないので、専門業者に依頼する必要があります。実際に船舶解体を実施している業者では、手作業ではなく基本的に機械による解体が実施されています。機械で解体することで、大きな船舶でも効率よく解体していくことが可能です。専門の機械が揃っている環境だからこそ、廃棄部分と再利用部品をわけてより良い形で解体ができるようになっています。

広告募集中